韓国のビットコインETF承認は、SECの判断に影響を受ける

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

KRX(韓国取引所)の幹部が、KRXはSEC(米証券取引委員会)のビットコインETFに関する判断に注目していると語った。

第一人者である米国

ETF(Exchange Traded Fund)とは上場投資信託のことで、SECはビットコインETFについて審議中で、SECによる1件の提案のレビュー期間が4月までに終了する予定であることから、KRXの関係者は以下のように述べた。

米国は暗号通貨市場およびそれに関連するデリバティブ市場の第一人者であり、市場においてビットコインETFの開始を支持する声も強い。それが私たちが米国のビットコインETFの進捗に注目している理由だ。

この幹部はまた、KRXがETFに必要であるビットコインのインデックスについても広く議論をしていると付け加えた。

「暗号通貨のETFへの道は開かれる」

韓国ではビットコインETFに対する当局の厳しい規制もあり、現地の投資銀行や資産運用会社の多くは、規制の緩いブロックチェーンのETFに焦点を当てているようだ。

高麗大学校情報セキュリティ研究科リー・キャンホー教授は、地元のブロックチェーンセクターの健全性が、最終的には暗号通貨のETFへの道を開くと主張し、次のように述べている。

政府がブロックチェーン技術の研究開発への投資を拡大していることにより、暗号通貨市場においてETFが否決されるリスクは小さくなっていると考えられる。

 
CNBCの著名なコメンテーターで暗号通貨投資家でもあるブライアン・ケリー氏は、最近のインタビューで、ビットコインETFは2020年にチャンスが来るだろうと語った。
SECのビットコインETFの判断に注目が集まる。

Photo by Shawn Ang on Unsplash

編集者:Hiro