英国のミレニアル世代の3分の1が2018年に暗号通貨を購入するだろう

ロンドンブロック取引所は最近、2,000人の英国人を対象に調査を実施した。

この調査によると、45歳未満の人の5%はすでに暗号通貨に投資しており、11%は来年、暗号通貨に投資をする予定だという。
さらに17%は、2018年末までにデジタル通貨への投資を真剣に検討していると答えた。

英国のインデペンデント紙は、この調査により、ミレニアル世代の3分の1が2018年に暗号通貨に投資することが分かったと報告している。

ミレニアル世代は暗号投資を選ぶ

BX、英国の暗号通貨取引所プログラムは、ミレニアル世代は、より古い形の投資は後退してきていると感じているため、暗号通貨投資を好むと考えている。

LBXの創業者兼最高経営責任者のBenajmin Dives氏は、「この調査は、若い世代のお金の見方と、両親や祖父母の考え方の違いを示している」と語った。

また、35歳未満のミレニアル世代のうち24%は、早期に暗号通貨に投資しなかったことを後悔している、という結果もある。

この調査は英国で実施されたが、機関や個人は地理的に異なる場所でも同様の調査を行ってきており、似た傾向を示している。

Ron Paul氏(元テキサス議員)は、世論調査を行い、43,000人のソーシャルメディアユーザーの51%が、金、米国債、米ドルよりもビットコインを好んでいるという結果を発表した。

また、最近ハリス世論調査が2000人のアメリカの成人を対象に実施した別の調査によれば、ミレニアル世代の50%がビットコインについて肯定的な見通しを示しているという。

ミレニアル世代は、高齢者と比較して2倍の人がデジタル通貨を持っている。

ブロックチェーン分野の最高責任者であるSpence Bogart氏は、「調査の結果は、ビットコインにとって大きなチャンスであると確信している。」と述べた。

ミレニアル世代は伝統的な金融サービスを信用していない

暗号通貨の専門家であり研究者でもあるケンブリッジ大学のGarrick Hileman氏は、「ミレニアル世代は、2008年の金融危機の崩壊時に就職し、伝統的な金融サービスや運営体制を完全には信用していない」と考えている。

若い人口統計学者の見解は、古い世代とは大きく異なっている。

ロンドンブロック取引所の調査では、55歳以上の57%がデジタル通貨を購入しないと答え、ハリス世論調査では、65歳以上の92%が、大手銀行がデジタル通貨よりも信頼できると答えている。