大学キャンパスが暗号通貨マイニングの場になっているとの調査結果

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

シスコによる調査で、分野別で見ると大学キャンパスが業界で2番目の暗号通貨マイナーとなっていることが分かった。

エネルギー分野に次いで2位

シスコのセキュリティ分野の研究者らは、業界のさまざまな分野における暗号通貨のマイニング活動を調査した。この調査は、疑わしい暗号通貨マイニングなどの悪意あるアクティビティをスクリーニングするために、クライアントのネットワーク接続を監視するシスコのセキュリティ製品Umbrellaを使用して行われた。

レポートによると、大学のキャンパスは業界全体の22%を占めており、2番目のマイナーとなっている。業界で1番のマイナーは、エネルギーおよびユーティリティ分野で、全体の約34%を占めた。
シスコが発表したランキングでは、次にメディア、ヘルスケア業界と続いた。

キャンパスは最高の場

シスコの研究者オースティン・マクブライド氏によると、学生は寮の部屋や学校の図書館で電気代のコストを回避しながら、マイニングをしていると語る。

多くの通貨の採掘難易度は現在非常に高いです。それは、それらの通貨を採掘するために、電気とインターネット利用に多くの費用がかかることを意味します。大学キャンパスは、お金を稼ぐための本当に良い場所です。

昨年1月には、スタンフォード大学が、学校のリソースが「個人的な経済的利益のために使われてはならない」として、キャンパス内の暗号通貨マイニングに対して警告を出した。
 
暗号通貨に熱狂する若者が少なくないこともあり、その一部が大学をマイニングをするための拠点にしているのかもしれない。

Photo by Vasily Koloda on Unsplash

編集者:Hiro