トーマス・リー氏「ビットコインの価格上昇時期は8月になるだろう」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ共同創設者トーマス・リー氏は、ビットコインの強気な相場が半年以内に戻ってくるとの見方を示した。

強気相場は半年後に

CNBCとのインタビューの中で、ビットコインに関する強気な姿勢で知られるリー氏は、今年8月には強気な相場が戻ってくるだろうと述べ、以下のように語った。

「注目すべき重要な数字は、200日間の移動平均であると思います。Bitcoinが4,000ドルを超えると、8月までに200日の移動平均線を超えることになるため、テクニカル面でみると強気相場が戻ってくるのは5、6ヶ月先になると思います。」

ハードフォークの影響

昨年11月にBCH(ビットコインキャッシュ)がハードフォークした際に、それにより投資家の信頼と市場を取り巻く原動力が弱体化したと述べた。

ハードフォーク後、それはビットコインの価格にも影響を与え、3,100ドルまで価格が下がった。

 
これまでにも、ビットコインに関して強気な見解を示しているリー氏。今回のテクニカル面からの発言のように、年内に強気相場が戻ってくることが期待される。

Photo by Andre Francois on Unsplash

編集者:Hiro