ヴィタリック・ブテリン氏「イーサリアムが高価格であることはセキュリティとエコシステムの発展に良い」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Ethereum(イーサリアム)共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、高いイーサリアム価格はネットワークセキュリティと、より広範なエコシステム開発の両方にとって重要だと述べた。

規制当局は価格を気にする

プロトコル設計者やプロジェクトリーダーが暗号通貨の価格の問題に焦点を当てるべきかどうかについて、「Unchained」のホストであるローラ・シン氏から質問された際に、ブテリン氏はEthereumプロジェクトの「初期の修辞」について言及した。

ブテリン氏は、以前は価格のパンプなどを行う他の暗号通貨とイーサリアムを区別し、価格の重要性を過小評価していたが、それは法的なリスクを最小限にとどめるためだったとのことだ。

一方で、今日の状況では、規制当局が暗号通貨やブロックチェーンのプロジェクトに精通しており、仮に人々が価格は重要ではないと主張しても、規制当局はそれを気にするだろうと、彼自身の見解を語った。

セキュリティ向上とエコシステムの発展

ブテリン氏は、価格が高いことのメリットを2つ挙げた。

理由の1つ目として、セキュリティの問題を挙げ、

価格が低いよりも高い方が良い理由のうちの1つはセキュリティの問題です。価格がゼロの場合、ネットワークは安全ではありません。それはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のどちらに関しても言えることです。
と語った。

2つ目としてエコシステムの問題を挙げた。価格が高いままであれば、エコシステム内プロジェクトの作成者と参加者が、トークンによって利益を享受することになり、彼らは事業を発展させることができる。
 
ここ最近、Ethereumの価格は上昇傾向にあり、Ethereumを用いたプロジェクトがさらに発展していくかもしれない。

編集者:Hiro