IOHK創業者チャールズ・ホスキンソン氏「暗号通貨業界は共同利用性が必要」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

カルダノの開発を行なったIOHK創業者チャールズ・ホスキンソン氏が、暗号通貨業界は「WiFiやBluetoothのような存在」が必要であると語った。

WiFiやBluetoothのような存在が必要

ホスキンソン氏は暗号通貨業界の現状について語り、相互運用性の向上を促進するための特定の規格が必要だと述べた。

ホスキンソン氏は

我々が現在目にしているのは、スタンダードな集合となるものである。これにより3年から5年の間に、必然的にビットコインやライトコイン、イーサリアム、カルダノだけでなく、銀行口座なども含む、全ての異なるシステム間で情報や価値を移動できるような状況が構築されるだろう。
と語り、暗号通貨と伝統的な金融機関の間の取引が容易になっていくとの見解を示した。

ホスキンソン氏は、「私たちが探しているのは、業界におけるWiFiやBluetoothのようなものです。しかし、まだそこには到達していません。」と述べた。

EEAの動きが加速

最近、共通基準を作成する団体が拡大し、勢いを増している。

先月には、500名以上のメンバーを擁するEEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス) が、2019年に「トークンタスクフォース」を立ち上げることを発表した。この団体は、異なるブロックチェーン間の相互運用性の問題に焦点を当てている。

さらに、EEAは中国に事務所をオープンし、ブロックチェーンの相互運用性実現を目指すWanchainのエンジニアリング担当ウェイジア・ジャン氏を、新たなオフィスのトップに任命した。ジャン氏は、地元のハッカソン、ワークショップ、トレーニングセッション、会議に参加することで、EEAの基準の推進と採用を後押しする責任を持つとのことだ。
 
ブロックチェーンに関連する業界団体の動きが増してきているようだ。

Photo by Bernard Hermant on Unsplash

編集者:Hiro