トーマス・リー氏「ビットコインの強気相場が戻ってきている」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ共同創設者 トーマス・リー氏が、ブルームバーグのインタビューの中で、ビットコインの強気なトレンドが戻ってきていると語った。

戻ってきた強気相場

リー氏は、暗号通貨の価格が90%以上下がったことから、ビットコインの評論家の中には、暗号通貨の死を宣言したものもいたと指摘した。しかし、現在ではビットコインの価格は200日移動平均線を超えており、センチメンタルが変わり、ビットコインは現在強気相場にあると同氏は考える。

リー氏は、ドル高が進行しておらず、中国の財務レバレッジが上昇していることが、ビットコインへの追い風となったと指摘した。

クジラが市場に戻ってきている

リー氏はまた、いわゆるクジラ(大量の暗号通貨を保有する投資家)が再び暗号通貨を蓄積し始めた証拠があることにも言及し、

2018年初頭には、その多くが 売却されました。しかし、彼らは再び動き始めています。

と述べた。

さらにリー氏は先月、ビットコインの強気な相場が半年以内に戻ってくるとの見方を示している。
 
ここ1週間で大きな価格上昇が起こった暗号通貨。強気相場により業界が盛り上がってきている。

Photo by Chris Liverani on Unsplash

編集者:Hiro