ブロックチェーン業界で動き始めたEbay

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ニューヨークで開催されているConsensus2019によると、Ebayがブロックチェーン業界内でのパートナーシップを求めているようだ。

大企業の動き

大企業が暗号通貨を受け入れ、ブロックチェーンを公に支持するかどうかは、長い間議論されてきた。

現在ニューヨークで開催されているConsensus2019には、Ebay、デロイト、IBM、マイクロソフト、オーストラリア連邦政府、AWS、アクセンチュアなどの大企業がスポンサーとなっている。このことから、1兆ドル規模の大企業が、ブロックチェーン業界全体に対して明確に支持を示し始めていることが分かる。

Ebayの動き

Consensus2019でシェアされているいくつかの写真からは、Ebayがブロックチェーン業界内でのパートナーシップを求めていることが見てとれる。彼らは、世界中に約1億7,900万人の買い手を持つ。

またペイパルもブロックチェーン関連の取り組みを進めており、多くの企業や政府がブロックチェーンのサポートとパートナーシップに積極的に取り組んでいる。

 
ブロックチェーン業界で大きな注目を集めているConsensus2019だが、大企業もこのイベントに大きな関心を示しているようだ。

Photo by Hitesh Choudhary on Unsplash

編集者:Hiro