ブロックストリームCEO「ブロックチェーンが中継銀行の必要性を減らす」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Blockstream(ブロックストリーム)のCEOは、ブロックチェーン技術はオープンネットワークの構築に役立つと考えている。

オープンネットワークの構築

BlockstreamのCEOアダム・ブラック氏は、ブロックチェーン技術は、信用度が疑わしいサードパーティの金融機関なしで国際取引を処理できるため、オープンネットワークの構築に向けた一歩になると考えている。

日本で開催されるG20に関連して、彼は暗号通貨が「世界のインターネットのための電子通貨」と思っていると述べた。しかし、暗号通貨の採用レベルは、世界的な規制当局の金融政策に対する影響を評価するにはまだ低い。

「ユーロや日本円のような主要通貨の金融政策に影響を与えるほど、大きな規模になっているとは思わない」と彼は語った。

整合性の確認

さらにアダム氏は、トークン化について、システムの整合性をリアルタイムで確認できると述べた。

G20の財務大臣は最終的な公式声明に、暗号通貨とブロックチェーンの議題を盛り込んでおり、この技術はリスク監視が必要であると述べていることは注目に値する。また、マネーロンダリングやテロリストの資金調達に使われうる一方で、デジタル資産は経済にとって有益であるかもしれないとも述べている。
 
世界各国が、暗号通貨やブロックチェーン技術への関心を高めている。

Photo by Etienne Martin on Unsplash

編集者:Hiro