韓国金融監督院の副総裁が韓国ブロックチェーン協会のトップに

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

韓国金融監督院の元副総裁オー・ギャプ・スー氏は、韓国ブロックチェーン協会のトップに任命された。

スー氏のキャリア

6月24日に開催される総会でスー氏は、韓国ブロックチェーン協会のトップに任命されるとのことだ。彼は現在、グローバル金融協会の会長であり、スタンダードチャータード銀行の副会長などを務めた経験を持つ。

同氏は、選挙運動中に文在寅(ムンジェイン)大統領の財政政策を考案した経験を持つ。また、スー氏は、アメリカのオクラホマ州立大学とドレクセル大学で教えた経験も持っている。

規制の確立を目指す

韓国ブロックチェーン協会は、3月の総会でチン・デジェ氏が辞任する意向を述べた後、新しいリーダーを探していた。

スー氏は、協会の第2代会長を務めることになり、任期は3年だ。
現在、同協会はブロックチェーン技術と暗号通貨業界に関する規制の確立を目指している。協会には、暗号通貨取引所、その関連企業、および公的機関などに所属するメンバーがいる。

 
韓国では、ブロックチェーン技術に国レベルで取り組んでおり、今後の発展が楽しみだ。

Photo by Shawn Ang on Unsplash

編集者:Hiro