リップルCEO「ビットコインとリップルは競合関係にない」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ビットコインとリップルは競合他社ではない、とリップルCEOのブラッド・ガーリンハウス氏が語った。

ビットコインは価値の貯蔵をするもの

ビットコインは価値の貯蔵をするもの、つまりデジタルゴールドであり、一方でリップルは平等な送金のための効率的ソリューションを可能にするブリッジ通貨だと、リップルのCEOは語った。
また、同氏は自身がビットコインを所有していることにも言及した。

ブラッド氏は続けて、すべてを統治するための単一の暗号通貨は存在しないとも述べた。
同氏は、フェイスブックが発表したLibraについても言及した。

フェイスブックの暗号通貨

暗号通貨アナリストのマックス・カイザー氏は、リップルを含む何百ものアルトコインは、フェイスブックの暗号通貨により必要性がなくならないか、気が気でないだろうと語る。

同氏はツイッターで、「ビットコインはゴールドと競っており、このことはビットコインをより高くするでしょう。暗号通貨支払いのベンチャーは一掃される可能性があります。」と呟いた。
 
フェイスブックの暗号通貨プロジェクト発表は大きな注目を集め、ビットコインやリップルの役割を改めて考える機会となっているようだ。

編集者:Hiro