中国ウォルマートのブロックチェーンプラットフォームにVeChainが利用される

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

中国ウォルマートは、シンガポールを拠点とするエンタープライズブロックチェーンプラットフォームVeChain(ヴィチェーン)と提携し、同社のトレーサビリティプラットフォームにVeChainネットワークを用いると発表した。

既にVechainが利用されている製品ラインも

発表によると、VeChainのプラットフォームは中国ウォルマートが製品のトレーサビリティ戦略を実行し、ブロックチェーンのトレーサビリティを大規模にすることを可能にする。

またウォルマートは、23の製品ラインが既にVeChainプラットフォームでテスト後に動き始めていることを示唆している。

ウォルマートは、生肉製品、米、キノコ、食用油を含む10以上の製品カテゴリをカバーするために、年末までにさらに100製品ラインをこのプラットフォームで動かす予定だ。

サプライチェーン全体への投資

VeChainのCOOケビン・フェング氏は、以下のように述べている。

世界的エンタープライズブロックチェーンプラットフォームとして、VeChainは企業の大規模なデジタル化のプロセスに大きな力を与えます。世界トップクラスの小売大手ウォルマートによるブロックチェーントレーサビリティプラットフォームのローンチは、ブロックチェーン技術の商業への応用にとって非常に重要です。VeChainは中国ウォルマートと協力して、生鮮食品のトレーサビリティを促進するための技術を活用し、デジタル技術を通じてトレーサビリティプラットフォームのための革新的ソリューションを提供しながら、政府の呼びかけにも積極的に気を払っていきます。

また、中国ウォルマート最高経営責任者シー・ジアキー氏は、

供給元の調達と商品戦略、サプライチェーンの構築から店舗およびeコマースプラットフォームの運用管理まで、サプライチェーン全体に継続的に投資してきました。私たちは効率と透明性を向上させ、顧客に質の高い製品とサービスを提供し、中国の忙しい家族の生活をより良くするためにデジタル化を進めます。

と、今回の取り組みへの意気込みを語った。
 
ブロックチェーンに関連する多くの取り組みをしているウォルマートとの協力により、企業のVechain利用がさらに加速していくかもしれない。

編集者:Hiro