ザッカーバーグ氏、Facebookを改善するために暗号通貨を深く研究する

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、彼が共同設立したソーシャルネットワークサービスを改善するために、より大きな手段の一つとして、暗号通貨やその他のブロックチェーン技術を研究する予定だと発表した。

ザッカーバーグ氏は、自身のFacebookの投稿で、暗号通貨と暗号化の「肯定的な側面と否定的な側面」を研究することを前提に、今年の個人的な課題の概要を説明。
今年のテーマは、テクノロジー、メディア、政府の「重要な問題の解決」に焦点を当てることだとし、「専門家グループを集めて、これらの議題について話し合い、協力することを楽しみにしている」と彼は綴っている。

また、彼は、価値のあるグローバルP2Pネットワークを構築する能力を賞賛するとともに、暗号通貨は今では技術の中で最も興味深い議題の1つだとし、

暗号化や暗号通貨のように、中央集権化されたシステムに対する重大な逆流傾向があり、これにより力を人々の手に戻すことができる。
私はこれらの技術の肯定的側面と否定的側面を深く研究したいと思い、どのように私たちのサービスでそれらを使用するのが最適かについても研究したいと思っている。

と述べた。