人々がフェイスブックの暗号通貨に積極的に投資したいと思う大きな理由

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

1,000人のアメリカ人を対象とした調査で、
Libra(リブラ)への投資に興味を持っている人々の57%が、この通貨に興味を持つ理由としてフェイスブック社への信頼を挙げた。

暗号通貨に投資したことのあるユーザーの多くがLibraに関心

フェイスブックのLibra発表を受けて、LendEDUは、1,000人のアメリカ人を対象に、この暗号通貨に投資するかどうか、そしてフェイスブックのブランドがこの通貨への投資意欲を後押しするかどうかの調査を行った。

91%は暗号通貨に投資したことが一度もないと回答した一方で、7%は投資をしたことがあると答えた。また、フェイスブックの通貨への投資に興味があるかどうかという問いに対して、18%が「ある」と答え、64%が「ない」と答え、18%が「わからない」と回答した。

暗号通貨に投資をしたことがある人々に限定すると、そのうち59%がLibraに関心を持っているとのことだ。

強力なブランドが大きな要因に

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏への公聴会が開催されたりと、データの取り扱いなどに関する大きな論争があったものの、毎日のアクティブユーザー数は15.6億人にのぼり、そのブランドは未だ健在なようだ。

そして、この強力なブランドは、消費者にLibraへの投資を促すという役割をはたしている。

Libraへの投資に興味を持っている人々のうち、57%が、彼らがその通貨を買う理由の一つとして、フェイスブックへの信頼を挙げた。
一方で、Libraに興味がないユーザーの27%が、その理由の一つとしてフェイスブックへの信頼欠如を挙げている。

 
LibraがUberやSpotifyなどで利用されるようになれば、多くのユーザーがフェイスブックのマーケットプレイスに加わる可能性があり、Libraはフェイスブックの今後の明暗を左右しそうだ。

Photo by William Iven on Unsplash

編集者:Hiro