200年の歴史を持つパスポート印刷会社がハードウェアウォレットを発売

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

1800年代初頭からの歴史を持つオーストリアの印刷会社は、暗号通貨ストレージデバイスの発売を開始した。

特許申請中のウォレット

新しいハードウェアウォレットは、現在ウィーンを拠点とするオーストリアの印刷所OeSDの子会社であるYOUNIQX Identityが発売する。

チェーンロックと呼ばれるこのデバイスは、オンラインウォレットのハッキングに対する脆弱性に対処することを目的としている。

完全オフラインのこのウォレットでは、外部の第三者からは確認することができない秘密鍵を生成でき、この技術は現在特許申請中とのことだ。

不正アクセスからの保護

ウォレットはアプリで管理できるが、インターネットを介した秘密鍵への不正アクセスから保護されている、と同社は語る。

またブロックチェーンベースのトークンがフォークした場合、所有者は新しいコインにより利益を得ることになる。

OeSDは伝統的なハイテク印刷会社だったが、最近ではよりハイテクなアイデンティティおよびセキュリティ製品にも力を入れている。

ウォレットは67ドル前後で販売されている。
 

Photo by Bank Phrom on Unsplash

編集者:Hiro