データストレージ大手シーゲートが不正防止トラッキングシステムを開発

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

データストレージ大手シーゲートは、ブロックチェーンへの取り組みを拡張し、偽造と戦う可能性の評価を行う。

試験段階への移行

Forbesの記事によると、2018年にIBMと提携して開始された概念実証に続き、シーゲートはブロックチェーンベースの製品追跡のトライアルを試験段階に移行し、ライブプラットフォームのスケーラビリティの可能性の評価を行う。

ハードドライブ追跡ブロックチェーンプロジェクトは、顧客に送られた製品をいくつかのステップで監視する。どんな製品返品もSeagateに追跡され、実際の製品では、これは偽造ドライブが本物の代わりに返送されないようにするのに役立つ。

プロセスの検証

2016年の一般データ保護規則に基づくヨーロッパでのプラットフォームのもう1つの潜在的なユースケースは、欠陥またはその他の理由で返品されたドライブがユーザーのデータを削除するための「認定消去」プロセスを受けたかどうかを検証することだ。

シーゲートのリサーチ部門マニュエル・オフェンバーグ氏は、「ドライブが返品プロセスの一環として戻ってきたときに、そのドライブが暗号化されて消去されたことを証明できれば、その情報はもはやデバイス上にないことが分かります。」と述べる。

 
同社の取り組みにより、データの損失や不正な製品が減少しようとしている。

Photo by Jakob Owens on Unsplash

編集者:Hiro