サムスンのGalaxy S10がdApps採用を促進

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

サムスンのスマートフォンGalaxy S10のスペックが今年初めに発表されたとき、暗号通貨業界は盛り上がった。

4つのdAppsへの対応

Galaxy S10は今年3月に発売され、ETCおよびERC20トークン、および4つのdApps(分散型アプリケーション)がサポートされて販売された。
dAppsは、CryptoKitties「クリプロキティーズ」、ゲームプラットフォームEnjin(エンジン)、美容アプリCosmee、および決済サービスCoinDuck(コインダック)だ。

現在、サムスンはブロックチェーンへの進出を倍増させており、分散型アプリケーションJupiterと暗号通貨ウォレットMarsという2つのdAppsを新しいバージョンに統合している。

認知の拡大

CryptoKittiesなどの初期のdAppsは大きな成功をおさめたものの、その他のdAppsはそこまでの成功には至っていない。
しかし、サムスンやHTCなどのハードウェアメーカーのサポートにより、dAppsの品質が向上しているのは間違いない。

主要なスマートコントラクト上で、毎日何千人ものdAppsのユーザーが確認されているが、これらは主にギャンブルとゲームに限定されている。このような現状の中でも、サムスンの動きによりdAppsへのアクセスは増加しており、これから徐々に認知度も高まっていくことだろう。

サムスンは今年4500万台のスマートフォンを出荷する予定であり、同社の動きにより、dAppsが我々の生活に身近な存在となることで、dAppsの普及にも繋がることになりそうだ。

Photo by Christian Wiediger on Unsplash

編集者:Hiro