暗号マイニング企業Argo Blockchainの株価がそのハッシュレートと共に上昇

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ビットコインのマイニングをメインに行うArgo Blockchain(アルゴ・ブロックチェーン)が近頃マイニング機能を大幅に拡張し、ハッシュレートを上げた。拡張した理由は、同社の株価が上がったことで、会社がたくさんのお金を得たためとのことである。

株価が3倍に上昇

グーグルファイナンスによると、同社の株式価格は今年5月と比較して3倍になった。

新しい資金が流入したことで、同社は再投資の時期であると判断し、マイニング機器をさらに購入し始めた。現在、同社は7千台以上のマシンを稼働させ、ビットコインをマイニングしていると報告されている。また、同社がさらにマイニング機器を注文したという報告もあり、その数はさらに増える可能性があるとのことだ。

電力供給も増加

またArgo Blockchainは最近、電力供給量を357%増加契約を締結した。これによりハッシュレートが3倍になる。

同社の会長であるマイク・エドワーズ氏は、今後6ヶ月で生産能力を3倍にし、採掘以外の費用は小さくなり、その利益は確実に膨大になると断言した。
先月、同社は163 BTCを採掘しており、これは約1億7千万円相当である。

 
ビットコインの価格上昇により、マイニングを行う企業が息を吹き返しつつあるようだ。

Photo by Chris Liverani on Unsplash

編集者:Hiro