2026年までに自動車産業でのブロックチェーン市場規模は45億ドル相当へ

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

自動車産業におけるブロックチェーンの市場規模は、2026年までに45億米ドルに達すると予想され、2019年から2026年まで毎年27%の大幅な成長が見込まれるとのレポートが出された。

成長を妨げうるものも存在

自動車産業においてブロックチェーン技術は、主にデータの漏洩と改ざんを減らすことに重点を置いて活用されている。さらに、世界中の取引がより高速かつ容易になることは、自動車産業におけるブロックチェーンの成長を促進している。

さらに、運用コストの削減も、ブロックチェーン技術の規模拡大に繋がっている。ただし、政府の規制の厳格化や不確実性が、2026年までの予測期間中のブロックチェーン市場の成長を遅らせる可能性がある。

また、プライバシー、制御、およびセキュリティに関連する不確実性も成長のスピードを妨げる可能性があると考えられている。

市場の分析

レポートでは、アプリケーション、プロバイダー、モビリティ、および地域によってセグメントされている。

アプリケーションに関しては、市場は資金調達、モビリティソリューション、スマートコントラクト、サプライチェーンに分割されている。中でも、モビリティソリューションは、2026年までの予測期間中に最高の成長を記録すると予想されている。

地域別に見ると、北米エリアはさまざまな分野での支出増加、先進技術に関する意識の高まりにより、最も大きな市場となっており、次にヨーロッパが続く。

 
今後の需要増加に備えて、主要なプレーヤーのほとんどは研究開発活動に多額の投資を行っているとのことで、自動車産業においてこの技術がさらに注目を集めていくことだろう。

Photo by Hitesh Choudhary on Unsplash

編集者:Hiro