アリゾナ州議員は、ビットコインで税金を払わせたいと考えている

アリゾナ州上院に提出された新しい法案が承認されれば、ビットコインやその他の暗号通貨で州の税金を払うことが可能になる。

Warren Petersen上院議員が発起人となり、他に3人の議員が共著した法案が提出され、アリゾナ上院規則委員会で審議される。

この法案が通れば、州政府から課せられる税金を支払う際に、ピアツーピアシステムを使用した暗号通貨の使用が可能となる。

提出された法案で、次のように記述されている。

税務局は、受領後24時間以内のレートで暗号通貨の支払いを米ドルに変換し、変換されたドルの金額を納税者の口座にクレジットするものとする。

この法案がアリゾナ州議会の支持を得るかどうかはまだ分からない。過去にニューハンプシャー州でも同様の試みがあったが、一部の議員がビットコインの大きな価格変動を心配し、最終的に法案は断念された。

一方で、過去にアリゾナ州議会は、ブロックチェーンの署名とスマートコントラクトが州の法律のもとで有効であると認める法案を最終決定しており、州知事もこの法案に署名している。

 

Photo by Andre Francois on Unsplash