Bitmain社、ビットコインのマイニング拡大でカナダに注目

スイスの新部門を発表して数日、中国のマイニング大手Bitmain社はさらなる拡大を検討している。
今回はカナダのケベック州だ。

ロイター通信の報道によると、Bitmain社はケベック州のマイニング候補地を視察しており、既に電力当局との話し合いを始めているという。

Bitmain社は現在、海外のマイニング工場にフォーカスしている。
同社は最近、スイスへの進出を発表し、ヨーロッパの「クリプトバレー」で新部門を既に登録している。
その際、Bitmain社は、スイスがグローバル展開における重要な鍵となるだろうと発表している。

2つの出来事が関連しているという明確な証拠はないが、Bitmain社の新しい計画は、ネットワークコンピューティングパワーの70%以上を占めるビットコインマイニングの現在の拠点である中国が最近、マイナーにとって有利となっている税金を抑制する可能性を示唆したタイミングで発表された。

以前報告されたように、ケベック州は新しいビットコインのマイニング施設にとって魅力的な場所だ。
この地域はビットコインのマイニングを含むハイテク企業に、安価な水力発電を提供している。
さらに、この国の寒い環境は、企業がビットコインを採掘するために使用するASICマシンの長寿命化にもつながる。