Argo Blockchain社が新たに1,000台の暗号通貨マイニング機器を追加

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ビットコインのマイニングをメインに行うArgo Blockchain(アルゴ・ブロックチェーン)は、1,000の新しい暗号通貨マイニングマシンをインストールし、生産中のマシンの総数を6,000とした。

生産の拡大

Argo Blockchainは、イギリスを拠点として、ビットコインのマイニングをメインに行なっており、先月マイニングの機能を大幅に向上したところだ。

この度、同企業はマシンの生産ベースを急速に増やし、今後2四半期にわたって、さらに6,000台のマシンをインストールし、10月初旬に第3四半期の開発計画を更新する。

株価も上昇

Argo Blockchainは、ロンドン証券取引所に上場しており、同社が今年8月に配布した報告書の中で、電力供給量を357%増やす契約を締結したと発表した。これにより、15,000台の追加マシンへの電力供給が可能になると言われている。

また、グーグルファイナンスによると、同社の株価は5月初旬から1株当たり3.25ポンドから約3倍まで上昇し、現在9.5ポンドで取引されている。
 
Argo Blockchainの来月の開発計画の更新に注目が集まる。

Photo by Andre Francois on Unsplash

編集者:Hiro