ベライゾンがブロックチェーンを使用した仮想SIMを作成する新しい特許を取得

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

通信大手ベライゾンが、ブロックチェーンを使用してバーチャルSIMを作成するための新しい特許を取得した。

バーチャル SIMによる代替方法

報告によるとこの特許では、ブロックチェーン技術により保護されたバーチャルSIMにより、SIMカードを代替する方法が記載されている。

まず、バーチャル SIMのブロックチェーン上にブロックチェーンレコードが作成され、証明書が作成される。その後、vSIM番号が個人のアカウントに紐づけられ、スマートフォンを介してアクティブ化される。

システムが攻撃または改ざんされるのを防ぐ分散ネットワークを作成するために使用されるノードは、ベライゾンが持つようだ。

他のユーザーへの転送も可能

この特許の魅力の1つは、その高いセキュリティにもかかわらず、vSIM番号を一度に複数の電話で使用できることだ。番号は他のユーザーに一時的にリンクされてから取り消されることもある。
これにより、vSIMテクノロジーは現在使用されているものよりもはるかに順応性が高くなることが期待される。

さらに、ユーザーは新しいvSIM証明書を転送し、証明書を他のユーザーに配信できるとのこと。
たとえば、企業がいくつかの番号を購入し、それらを従業員に割り当ててから、後でこれらの番号を他の従業員に再度割り当てることもできるようだ。
 
現在ベライゾンは、ブロックチェーンエンジニアを求めており、今後ブロックチェーン技術への取り組みをさらに進めていくようだ。

Photo by NASA on Unsplash

編集者:Hiro