大手トラックリース事業会社ペンスキーがブロックチェーングループに加わる

世界的な輸送会社ペンスキー・ロジスティクスは、1月15日に物流ブロックチェーン同盟(BiTA)に加盟した。

BiTAは、サプライチェーンおよびロジスティクス、資産の追跡、取引台帳のアプリケーションを作成することで、輸送業界におけるブロックチェーン開発を促進することを目標としている。

同社は、食品部門、飲料輸送部門、さらには製造部門のアプリケーションの開発に特化していく可能性がある。

グローバル製品の上席副社長であるAndy Moses氏は、同社が同盟に加わり、ブロックチェーン技術の研究を計画していると語った。

ペンスキーはこの組合の中で、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)同様、企業として加わる。

昨年、UPSは、支払いを容易にするためにブロックチェーン・プラットフォームの標準的な開発を促進することに合意したと発表した。

この組合には、鉄道会社や他の輸送関連団体も加盟し始めている。

 

Photo by Rhys Moult on Unsplash