韓国で新たなブロックチェーン格付け会社が設立される

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ブロックチェーンプロジェクトの評価を行う格付け会社が、韓国に新しく設立された。

投資家の情報不足

新しく設立された会社は、投資家が低い規制がもたらす情報不足によって被害を被っていると考えている。また、同社は、市場に存在する非対称性を治すためには、客観的な基準を用いた専門的な分析が必要であるとも考えている。

報道によると、同社の取締役は以前、1986年から続く韓国の格付け機関であるNice信用情報機関で働いていた経験を持つ。また、同社には、セキュリティおよびブロックチェーンの専門家による諮問委員会も存在するとのことだ。

多角的評価が行われる

新会社による評価は多段階で行われ、T1からT10の範囲の技術評価が行われ、数値が小さいほど優れていることを示す。また、ビジネス面の評価は、B1からB10までの範囲で行われる。それらをもとにして、AAAからDの範囲の最終評価を行うとのことだ。

また、プロジェクトの広範囲の資料が会社によってレビューされ、ホワイトペーパー、プロジェクトチームのプロフィール、技術評価データ、3年間のパフォーマンス、最新の財務状況なども検証されることになる。

設立の発表に加えて、同社は最初となる格付けも発表した。
検証されたプロジェクトはCharzinで電気自動車充電市場にブロックチェーンソリューションを提供するプロジェクトだ。
その評価では、このプロジェクトにB4のビジネス評価とT5のテクノロジー評価を与え、最終評価はBBだった。

 
今回設立された企業は、フィンテック、教育、エネルギーを含む多くの分野に評価範囲を拡大していくとのことで、各プロジェクトのより正当な評価が期待される。

Photo by Shawn Ang on Unsplash

編集者:Hiro