ヴィタリック・ブテリン氏「PoSはイーサリアムをビットコインよりも安全なものにするだろう。」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Ethereum(イーサリアム)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が、イーサリアムカンファレンスの初日にPoSコンセンサスアルゴリズムについて語った。

よりスケーラブルで安全に

Ethereumは、PoWからPoSコンセンサスアルゴリズムに変更される予定だ。PoSのアルゴリズムにより、Ethereumはよりスケーラブルになり、より環境に優しいものになると言われる。

ロードマップによると、この変更は今後数年にわたって行われる予定であり、ヴィタリック氏は、この変更はスケーラビリティだけでなく、セキュリティを改善するためにも必要だと断言している。

PoSにより攻撃がさらに難しく

カンファレンスの中で、ヴィタリック氏はビットコインを考案したサトシ・ナカモト氏と、誰かが悪いことをしたい場合、彼はそれのために多額のお金を払わなければならないという考えで作成された経済システムについて語った。

その中でヴィタリック氏は、政府やハッカーのように、「世界が燃えるのを単に見たい」という攻撃者の考えを強調し、「経済的インセンティブによる動機付けに関係なく、ものを壊したい人がいる場合はどうなりますか?」と訴えかけた。

同氏は、同様の攻撃がPoSコンセンサスアルゴリズムでは、はるかに高価になると説明した。PoSにより、誰でも作成中のブロックにチャレンジができ、ブロックが不正であることを証明できた場合、トランザクションの一部を報酬として受け取ることができる。
これにより、ネットワーク全体が常にブロックに挑戦することになり、攻撃者は多くの悪意あるブロックを作成する必要があるため、攻撃を成功させることが非常に難しくなると解説した。

 
PoSのアルゴリズムは、Ethereumが今後発展していく上で、要となりそうだ。

編集者:Hiro