HSBMマレーシアがブロックチェーン技術を用いた信用状取引を発表

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

HSBC銀行は、最近マレーシアで初めてとなるブロックチェーン信用状(LC)取引を発表した。

金融業界で着実に前進ずるブロックチェーン技術

銀行および金融サービスの業界では、ブロックチェーン技術の活用がゆっくりとではあるが着実に前進している。

信用状取引には、マレーシアのSimply Packagingによる、シンガポールの会社からの樹脂の輸入も含まれる。この取引の目的上、HSBCマレ​​ーシアは発行銀行であり、HSBCシンガポールは通知銀行であった。

HSBCマレ​​ーシアのCEOスチュアート・ミルン氏は「HSBCがマレーシアで最初のパイロット版ブロックチェーンによるLC取引を開拓したことを非常に嬉しく思います。」と語った。

貿易の速度を高める

HSBCはまた、ブロックチェーンのような貿易金融ソリューションの使用が貿易の速度を高めるのに役立つと考えている。

これは、商品の物理的な転送に比較的短い時間しか要しないマレーシア・シンガポール間のような国境貿易などの輸送ルートが短い状況で特に当てはまる。
これにより、取引の速度が向上するだけでなく、取引時間が短縮されることで、運転資本の効率向上に繋がる。

スチュアート氏は、「マレーシアの顧客、特にマレーシアの事業所の98.5%を構成し、昨年GDPの38.3%に貢献した中小企業を、貿易金融におけるこの革新的なデジタルソリューションを通じてより良くサポートしたいと考えています。」とも述べた。

 
ブロックチェーン技術をベースとするLC取引およびその他の貿易金融ソリューションは、大企業だけでなく中小企業にとっても重要な動きとなりそうだ。

Photo by Azlan Baharudin on Unsplash

編集者:Hiro