韓国軍が兵士の暗号通貨取引へのアクセスをブロック

韓国の国防省は、軍事基地におけるオンラインでの暗号通貨取引プラットフォームへのアクセスを阻止する取り組みを始めているという。

韓国の金融当局は、国内の暗号通貨取引市場でのより広い取り締まりを考えており、軍隊はすでに、ビットコインなどの暗号通貨の取引から兵士を遠ざけるために、独自の施策を考え実施していると、Korea Timesは報告している。

すでに国防省は、さまざまな軍事基地のインターネットカフェで、兵士の暗号通貨取引へのアクセスを阻止するためにファイアウォールの設置を急いでいる。

同省は、社内規定として、今後暗号通貨のウェブサイトへのインターネットアクセスを徐々に閉鎖する、と通知した。

この通知では、暗号通貨取引を、韓国軍の規制下でブロックされているオンラインギャンブルやポルノサイトと同様に分類している。

韓国軍の関係者は、「軍事部門で行われた暗号通貨の取引の具体的な対策を発表する予定だ」と述べた。
国防省は、これが軍事的規制に反するかどうかを確認するため、内部での協議を行っている。

こうした動きは、韓国の政府と規制当局によって、世界最大規模の暗号通貨市場への厳しい監視を強化するのと同じタイミングで行なわれている。

先週、国の法務省は、法案の中ですべての暗号通貨取引の完全閉鎖を提案した。
それに対する反発は即座に起こり、その不安を和らげる声明を出すように国の大統領府は強いられ、司法省は、財務省を含む他の政府機関からの提案を受けていないと見て、最終的には姿勢を軟化させた。

韓国国内での混乱は、今後もまだ続きそうだ。