中国の新しい法律は、国内でのブロックチェーン導入を促進する可能性

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

中国議会は、2020年1月1日に施行する「暗号法」を土曜日に可決した。草案によると、この新しい法は、暗号化と暗号化を使用した製品、技術、またはサービス情報を保護することを目的としている。

暗号化産業の促進

中国国内会議によると、この新しい法律は、商業における暗号化産業の発展を促進し、他の種類の暗号化の開発を促進し、ネットワークおよび情報セキュリティを保護し、企業または人々のデータセキュリティ権を保護する。

この発表は、中国の習近平国家主席が、中国がブロックチェーン技術とそのアプリケーションを活用すべきだと語った直後に流れてきた。習氏は、この技術は幅広いアプリケーションを提供し、いくつかの技術に焦点を当て、ブロックチェーン技術の開発を加速する必要があると述べた。

他国への影響

中国では暗号通貨取引は依然として禁止されており、新しい法律は暗号通貨については言及していないものの、新しい法律は、暗号化に明らかに影響を及ぼす。

また、中国中央銀行は最近、デジタル通貨をローンチする計画を発表しており、これは中央銀行によって作成された世界初の暗号通貨になる可能性がある。

中国の新しい法律は、他の国にも同じことを行い、新しいブロックチェーン時代に適応することを促す可能性がある。
 

Photo by wu yi on Unsplash

編集者:Hiro