韓国大統領委員会、政府に暗号通貨規制の手続き改善を促す

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

韓国大統領委員会は、韓国をブロックチェーン技術の最前線に置きたいと考えており、政府に規制手続きの改善を促している。

暗号通貨の合法化

今後の第4次産業革命にあたり、韓国の大統領委員会は、ブロックチェーン技術の重要性を強調し、その革新を後押しするために、韓国政府は暗号通貨を合法化すべきだと提案した。

委員会は、
「政府は、暗号通貨の法的地位をできるだけ早く確保し、税務および会計措置を求めるべき」だと宣言した。

競争力への影響

委員会はソウルで開催された第4次産業革命グローバル政策会議の中で、成長に不可欠な社会イノベーションと産業革新の調和を維持することが重要であると述べた。委員会はまた、政府が投機を抑えるために取った最初の措置が、韓国のブロックチェーンおよび暗号通貨産業のグローバル競争力に悪影響を及ぼすことを懸念している。

さらに、ブロックチェーンのスタートアップ企業が規制サンドボックスの下で活動することを許可されるべきだとも委員会は提案した。大統領の科学技術顧問の李氏も会議に出席し、これを可能にする方法を積極的に検討すると述べた。

 
中国だけでなく韓国も国家をあげてブロックチェーン技術に力を入れようとしている。

Photo by Shawn Ang on Unsplash

編集者:Hiro