ボルボ、電気自動車のバッテリーに使用されるコバルトをブロックチェーンで追跡

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ボルボは、ブロックチェーン技術を応用することで、バッテリーに使用されるコバルトのトレーサビリティを実装する最初の自動車メーカーとなる。これは、同社初の完全電気自動車「XC40リチャージ」の発表に続いて公になった。

メーカーが直面する持続可能性

コバルトなどのリチウムイオン電池の製造に用いられる原料のトレーサビリティは、自動車メーカーが直面する持続可能性の課題の一つだ。

透明で信頼性の高い共有データネットワークを確立するブロックチェーン技術は、原材料の起源に関する情報を検出なしに変更できないため、原料のサプライチェーンの透明性を大幅に高める。

サプライチェーンへの取り組み

ボルボは現在、中国のCATLと韓国のLG Chemの2つのグローバルバッテリーサプライヤーと合意に達し、今年からコバルトのトレーサビリティを実装する世界的なブロックチェーン技術をリードしている。

ボルボの調達責任者、マルティナ・ブッフハウザー氏は「当社は常に原材料の倫理的サプライチェーンに取り組んできました。ブロックチェーン技術により、サプライチェーンの完全なトレーサビリティを確保し、リスクを最小限に抑え、サプライヤーと緊密に連携して次のステップに進むことができます。」と語った。

先月、ボルボは、2025年までに自動車1台あたり40%の炭素排出量を削減するとともに、事業とサプライチェーン全体にわたる倫理的ビジネスへの継続的なコミットメントを含む気候計画を立ち上げた。

サプライチェーンへのブロックチェーン技術導入が増えている。

Photo by Tyler B on Unsplash

編集者:Hiro