東京電力が分散型システムの導入のためにブロックチェーンのスタートアップに出資

東京電力は、ブロックチェーンスタートアップのElectron社に出資している。

両社は、より効率的かつ信頼性の高い基盤構築を目指し、配電に関する技術の中でブロックチェーンを用いようと考えている。

東京電力の常務執行役員であり、グローバルイノベーションの責任者である見學 信一郎氏は、Electron社と協力し、エネルギー市場に大きな影響を及ぼす可能性を持つブロックチェーンに関してのノウハウを探求していくことに大きな期待を持っている。

東京電力は以前からブロックチェーン技術に興味を持っており、昨年、電力料金の事前支払いを可能とするプラットフォームを開発している、Grid+との提携を発表した。

また、東京電力はエネルギー分野でのブロックチェーン利用を促進するための非営利活動であるEnergy Web Foundationのメンバーになっており、このことからもブロックチェーンに強い関心を示していることがわかる。

 

Photo by American Public Power Association on Unsplash