ブロックチェーン技術により、食品業界は2024年までに310億ドルの損失を減らす

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ブロックチェーンとIoTがグローバルなサプライチェーンをどのように変革できるかについて、ジュニパー・リサーチが行った最近の調査によると、食品業界で最大310億ドルの損失が削減されるようだ。

不正行為の削減

調査によると、ブロックチェーン技術とIoTを組み合わせることで、サプライチェーンが合理化するだけでなく、コンプライアンスプロセスが簡易化される。
これは、調達と流通を伴う食品産業にとって大きな後押しとなる。特に、供給プロセス中において詐欺が蔓延するエコシステムに対する解決策となる。

モルガン・キミッヒ博士は、食品業界におけるブロックチェーンの可能性について、「ブロックチェーンとIoTは、資産を追跡するための不変の共有プラットフォームを提供し、時間、リソースの節約、不正行為の削減を実現します。」と述べた。

各産業での変革

この研究はまた、これらの技術を実装することで、早ければ2021年に食品業界に大きな成果をもたらす可能性があるとも述べられている。

また、コンプライアンスのコストは2024年までに30%減少するとも予測されている。

さらに、デジタル元帳技術は、観光、宿泊予約、食品飲料など、大きな産業の中でゆっくりと浸透している。

 
第四次産業革命が進むにつれ、ブロックチェーンの市場も大きくなっていきそうだ。

Photo by Ricardo Gomez Angel on Unsplash

編集者:Hiro