ルワンダが、ブロックチェーン技術への取り組みを加速へ

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

2020年7月から始まる次年度のルワンダのICT(情報通信技術)予算の一部は、ブロックチェーンなどの新興技術のサポートに使用される。

政府として支持する分野

この計画は、ルワンダブロックチェーンコミュニティとの月例会議で、ICTイノベーション省ポーラー・インガバイ大臣によって明らかにされた。

この戦略は、ロボット工学、人工知能、ブロックチェーンなどの第4次産業革命の技術を活用するように設計されている。

インガバイ大臣は、ブロックチェーンは政府として非常に支持している分野の1つだと語った。

規制緩和の取り組み

1年以上にわたり、ルワンダ国立銀行とルワンダユーティリティおよび規制当局は、ブロックチェーン技術のテストのために、ブロックチェーン技術周辺のサンドボックスを構築してきた。

技術革新を支援する中で、政府は新興企業に対する規制の緩和に真剣に取り組んでいるとインガバイ大臣は述べている。

大臣は、ブロックチェーンがルワンダのヘルスケアや観光などの分野の開発の加速に繋がる可能性があると考えているようだ。

 
2017年に、ルワンダは土地紛争を終わらせるための取り組みを強化し、土地の登録でブロックチェーン技術を使用する計画も発表しており、この技術にますます力を入れようとしている。

Photo by Avel Chuklanov on Unsplash

編集者:Hiro