TikTok運営会社がブロックチェーンとAIの中国国営メディア企業と共に合弁会社を設立

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

TikTokを運営するByteDanceは、人工知能だけでなくブロックチェーンベースのビジネスを展開する中国国営メディア会社との合弁事業の契約を交わしたと発表した。

49%の株式を保有

新しい合弁会社は中国の山東省の首都に拠点を置く。この会社は資本金143万ドルで開始され、合意に従ってByteDanceが49%の株式を保有し、国営メディア会社が51%の株式を保有する。

現在、TikTokには約5億人のユーザーがおり、Apple Store内で米国で2番目にダウンロードされたアプリである。TikTokのビデオフィードはユーザーの好みを推測し、ユーザーに合ったコンテンツを提供するAIアルゴリズムを使用して管理されている。

設立のメリット

ByteDanceがこの契約の恩恵をどのように受けるのかはまだ分かっていないが、デジタルメディアデータの検証は一つのメリットと考えられる。

ユーザーに通貨のモデルを導入できる可能性があり、またAIによるフェイク動画の出現により、デジタルメディアデータの検証が導入される可能性がある。

 
ByteDanceのTikTokアプリは、特に若者の間で米国で最も人気のあるアプリの一つとなっており、今回なんらかの動きをするための準備をしているのかもしれない。

Photo by Hitesh Choudhary on Unsplash

編集者:Hiro