中国茶業協会が生産を後押しするためにVeChainと提携

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

中国を拠点とする安徽茶産業協会は、トレーサビリティの強化を通じてサプライチェーンのすべての段階で産業の生産性を向上させるために、VeChain(ヴィチェーン)ブロックチェーン財団との戦略的提携を発表した。

貧困の緩和

安徽茶産業協会はVeChainと提携により、省の貧困を緩和することも目標にしており、これはブロックチェーンが伝統的な経済的貧困緩和に貢献すると主張する習近平国家主席の考えにも沿うようだ。

VeChain財団のレポートによると、この提携は茶業界の競争と生産性を高め、茶の取引に携わる人々の収入を増やすのに役立つとのこと。
これにより、より多くの経済的利益と生活水準の向上がもたらされる。

協会メンバーがソリューションを採用

また、VeChainThorブロックチェーンソリューションは、茶産業協会のメンバーである670の企業と194のビジネスオーナーから採用される。

多くの地域において、茶産業は地域の貧困を軽減する上で重要な分野とみなされ、安徽茶産業は、2020年までに71億ドル規模になるとも想定されている。

 
VeChain財団は、そのソリューションを通じて、世界のさまざまな分野でブロックチェーン技術の採用を促進し続けている。

編集者:Hiro