欧州中央銀行の会長がステーブルコインに関心を示す

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

欧州中央銀行の会長が、ステーブルコイン市場に何らかの参入をすることを示唆した。

ステーブルコインへの関心

クリスティーン・ラガーデ氏は、欧州中央銀行の会長としての最初の会見で、ステーブルコインについて言及した。さらに彼女は、デジタル通貨に関する欧州中央銀行の政策の観点からも話をした。

暗号通貨の専門家でありアダマント・キャピタルの創業者であるトゥール・デメスター氏は、ラガーデ氏の発言は同銀行がステーブルコイン市場に何らかの形で関わることを示唆したということだとの見解を示している。

特別チームの結成

ラガーデ氏はグローバルなステーブルコインのリスク、課題、および利点を検証したホワイトペーパーについて言及した上で、「欧州中央銀行が独自のデジタル通貨の開発のための明確な目標を確立し、達成することに向けて大幅に前進するための特別チームを設置した。」と述べた。

また、彼女は中央銀行がすでに多くの実験を行っており、特別チームは、独自のデジタル通貨についてより明確に定義されたプロジェクト目標を策定すると述べた。

 
欧州銀行のシステムはすでにデジタル支払いシステムを導入しているが、今後ステーブルコインにもなんらかの形で関わることになるかもしれない。

Photo by Etienne Martin on Unsplash

編集者:Hiro