アメリカ癌協会がBitPayを通じてビットコインでの寄付を受け入れ

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ガン研究への資金提供を行う非営利組織ACS(米国癌学会)が、現在BitPayを通じてビットコインでの寄付を受け入れている。

BitPayを介して受け入れ

ACSの役員であるブラント・ウッドワード氏は「ガンはあらゆる層の人々に影響を与えるため、幅広いドナーから支援を得るのは当然のことです。」と述べる。

ACSはBitPayを通じてビットコインでの寄付を受け入れる。BitPayは、トニー・ホーク財団やアメリカ赤十字などもパートナーとしており、2017年以降5,000万ドル以上の寄付に貢献している。

若いドナー増加への期待

BitPayのCEOであるステファン・ペア氏は「ビットコインの寄付を受け入れる際、慈善団体はビットコインを保持する必要なく新しい寄付金を受け取ることができます。BitPayは資金を確認し、組織に代わってビットコインを受け入れ、取引を米ドルまたは優先法定通貨で決済します。」と述べた。

ACSは、特に40代および50代の人々からの寄付が多い。
暗号通貨はまだ始まったばかりの金融技術であり、ACSはBitPayとの連携により若いドナーが増えることを期待している。

 
暗号通貨の投資家やユーザーの中には、ミレニアル世代と呼ばれる若い人が多く含まれており、暗号通貨での寄付受け入れで、ドナーの層が広がることになりそうだ。

Photo by Allie Smith on Unsplash

編集者:Hiro