国連事務総長「国連はブロックチェーンを受け入れなければならない」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

国連事務総長アントニオ・グテーレス氏は、国連はブロックチェーンを受け入れる必要があると語った。

ブロックチェーンが担う重要な役割

グテーレス氏は、より持続可能な世界を構築する上で、ビットコインを支えるブロックチェーン技術が組織にとって重要な要素になると述べた。

国連の活動は、寄付金が寄付者の望む方法で正しく費やされているという証明に焦点を当てている。

グテーレス氏は「国連がデジタル時代に我々の義務をより良く提供するためには、持続可能な開発目標の達成を加速するのに役立つブロックチェーンのような技術を受け入れる必要があります。」と自身の見解を示した。
同氏がブロックチェーン技術について言及するのはこれが初めてではない。2018年9月には、信頼の欠如は、ブロックチェーンやAIなどの技術によって解決されると述べた。

国連のプロジェクト

国連イノベーションネットワークのブロックチェーンに言及している5つの国連プロジェクトのうち、3つは貧困と商品の信頼について明示的に言及している。国際電気通信連合と食糧農業機関は、パプアニューギニアの豚のサプライチェーンを追跡するために提携している。

また、国連資本開発基金は、ネパールで送金のためのブロックチェーン技術を探求している。

さらに、2019年10月にユニセフはイーサリアム財団からビットコインとイーサリアムの寄付を受け取った。
 
元ポルトガル首相でもあるグテーレス氏は、ブロックチェーンと人工知能の使用を前向きに考えているようだ。

Photo by Frederic Köberl on Unsplash

編集者:Hiro