イスラエルのブロックチェーン企業が2019年に32%増加

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

昨年、暗号通貨の市場ではいくつかの企業の閉鎖や従業員の削減があったものの、イスラエルではブロックチェーン分野の企業数が32%増加した。

1年で3割増加

2019年12月の段階で、イスラエルでは150のブロックチェーンおよび暗号通貨関連企業が営業しており、2018年末の113社と比較すると、1年で32%増加している。また、53社が活動していた2017年末と比較すると、イスラエル国内のブロックチェーン企業は2年で約3倍に増加したことが分かる。

これは、イスラエルビットコイン協会の調査により、判明した。

またPwCのレポートによると、イスラエルの技術産業では、ユニコーン企業(評価額10億ドル以上の未上場ベンチャー企業)の数が昨年11から20に増加した。

4割は既にサービスを展開

調査によると、2018年末に業界で活動していた113社のうち、現在も引き続きブロックチェーン分野での活動をしているのは63社とのことだ。

また、ブロックチェーン企業の65%の従業員規模は10人以下で、31%が11人から50人、3%が50人から200人となっている。
さらに、40%の企業は既に製品を市場にリリースしており、25%がまだ研究開発段階といった状況のようだ。

業界でのイスラエルへの注目度は、今年も高まるかもしれない。

Photo by Launchpresso on Unsplash

編集者:Hiro