ウィンクルボス兄弟のGemini取引所が独自保険会社を設立

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ウィンクルボス兄弟によって設立された暗号通貨取引所Gemini(ジェミニ)は、オフラインでのコインの損失から顧客を保護するために独自の保険会社を設立した。

カストディサービスの顧客へ提供

木曜日に発表されたキャプティブ(保険子会社)は、ジェミニの暗号通貨コールドストレージサービスであるジェミニカストディの顧客に保険を提供する。

多くの専門家は、保険と適切な保管サービスの欠如が暗号資産の大量採用を妨げていると考えている。
この問題に対処するために、ウィンクルボス兄弟は保険会社Nakamotoを立ち上げた。

キャメロン・ウィンクルボス氏は、会社設立にあたり「保険は、暗号の大量採用の主な障壁の1つです。ジェミニは、これに対処するために保険会社を設立しました。暗号通貨業界で有意義な保険を取得することは依然として課題であり、当社のキャプティブは保険容量を増やし、業界を前進させるのに役立ちます。」と抱負を述べた。

大手保険ブローカー企業が協力

Nakamotoは、バミューダ通貨局(BMA)のライセンスの下で運営される。一方で、ジェミニはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制の下で運営されている。

また、Nakamotoを立ち上げるために、大手保険ブローカー企業であるAonとMarshが協力したとのことだ。
 
適切な保険および保管サービスが、暗号通貨の市場での採用を促進するかもしれない。

Photo by Hitesh Choudhary on Unsplash

編集者:Hiro