航空ブロックチェーン市場の規模が、今後5年間で3倍以上になるとの予測

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

航空ブロックチェーン市場の規模は、2019年の4億2,100万米ドルから2025年までに13億9,400万米ドルに成長し、予測期間中のCAGR(年平均成長率)は22.1%になるとの予測が発表された。

加速するブロックチェーンの採用

ブロックチェーンは、関係者が航空会社のフライトデータとサプライチェーンデータを格納する分散型台帳を共有することを可能にする。また、コスト削減につながり、よりスムーズで効率的な運用を促進する。

旅客数と国内線および国外線の数が増加する中、空港は業務の効率化と速度を高めるためにプロセスのデジタル化と自動化に注力している。
たとえば、空港は貨物と手荷物の追跡、乗客の身元確認でブロックチェーンを採用し始めている。

最新技術の導入

空港は運用コストを削減し、新たな収益源を生み出すことを求められる中、ブロックチェーン・IoT・AIなどの技術を活用することで、空港は手荷物の取り扱いや乗客の取り扱いの分野で効率を高めることができる。

また、スマートコントラクトは、発券、航空機給油、リースおよびサプライチェーン管理に使用できる。

地域別で見ると、北米は航空ブロックチェーン市場で最も大きな成長が見込まれている。
北米は、技術の導入とインフラの面で最も先進的な地域であり、主要な市場プレーヤーと主要空港の存在が、北米の航空ブロックチェーン市場の成長を促進する主な要因になると考えられている。

 
航空業界のシステム内で、ブロックチェーン技術が拡大していきそうだ。

Photo by chuttersnap on Unsplash

編集者:Hiro