オクラホマ州議会議員が国営の暗号通貨預託機関を提案

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

米国オクラホマ州の議員は、「この州の政府機関が使用する暗号通貨の中央預託機関」となる国営金融機関の設立を提案した。

業務を後押し

州上院議員ネイサン・ダーム氏が後押しするこの提案は、暗号通貨とブロックチェーンに関連して行われる業務に対し、州が後押しするインフラストラクチャを提供しようとしている。

LegiScanを介して公開された公的記録によると、提案された法案は2月3日に議会に提出されるようだ。

法案には、「新しい金融機関は、顧客識別、マネーロンダリング防止において、最高レベルでなければならない。」と記されている。

法案による権限付与

「新しい金融機関は、消費者を保護する既存の銀行および金融機関の規制にシームレスに統合されます。」とも書かれている。

また仮に法案が可決されたとしても、すぐに金融機関が立ち上げられるわけではなく、オクラホマ州立銀行局と商務省に「計画を調整および策定し、議会に助言を行い、要件と戦略を確立する」ように権限を与える。

オクラホマ州は革新的な技術のための環境を作り、次世代の金融商品の開発を支援しようとしている。

 

Photo by specphotops on Unsplash

編集者:Hiro