スクエア社が、暗号通貨の支払いネットワークに関する米国特許を取得

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

決済プロバイダーのSquare(スクエア)は、暗号通貨からフィアットへのシームレスなトランザクションを可能にする新しいネットワークの米国特許を取得した。

暗号通貨導入の障壁を取り除く

米国特許商標庁によって付与されたこの特許は、さまざまな種類の資産を持つユーザーがリアルタイムで相互に取引できるようにする支払いシステムについて説明している。

申請によれば、この新しいシステムは小売部門に特に便利なものになる可能性が高い。
多くの暗号通貨は、効果的な支払いソリューションになるには、価格の変動が大き過ぎる。

しかしスクエア社は、自動取引とリアルタイム決済を特徴とするシステムにより障壁を取り除くことができると考えているようだ。

システム拡張も視野に

消費者は、たとえば匿名通貨を含めた好みの通貨で支払うことができ、受取側は保有したい通貨で全価値を受け取ることができる。

また、この特許はシステムを拡張して、証券、デリバティブ、またはローンを含む他の資産クラスのサポートを追加できるとも示唆している。

スクエア創業者のジャック・ドーシー氏は、ビットコインがインターネット上のネイティブ通貨になる可能性があるとこれまで幾度となく発言している。同社がビットコインに限らず、他の暗号通貨にも対応したソリューションを将来開発するかもしれない。

 

Photo by Jonas Leupe on Unsplash

編集者:Hiro