MoonStakeが業界初の「ウォレット乗り換えキャンペーン」を開催!

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

世界的にPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への関心が高まる中で、アジア最大のステーキングプールを目指すMoonStake(ムーンステーク)

今月のはじめには、サービス開始からわずか2ヶ月で、ステーキング総額が5,000万ドル(約53億円)に達したことでも話題を集めた。

MoonStakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるべく、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立された。

アジアを率いるエコシステムを構築していくために、Emurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasなど、メジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大しており、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)とも提携している。

現在は、ADA、Tezos、Cosmos、Ontology、QTUM、IRISnet、Harmonyのステーキングに対応しており、今後、ウォレットを介したDeFiへの接続など、さらなる革新的なプロダクトの開発が行われて行く予定だ。

また、MoonStakeの提供するウォレットは、2,000以上のコインを一元保管することもでき、複数の暗号資産を保有しているユーザーにとっては利便性も高い。

そんなMoonStakeが、現在、業界初のキャンペーンを開催している。

業界初!ウォレット乗り換えキャンペーン

このキャンペーンは、対象期間内に新規でMoonStakeウォレットを使い始めたユーザーから抽選で50名に、1,000円分のETHをプレゼントするというもの。

Moonstakeでは、2020年10月26日から11月6日まで、「ウォレット乗り換えキャンペーン」を開催いたします。

対象期間内に、新規でMoonstakeのウォレットを使い初めた皆さんに、抽選で50名に1,000円分のETHをプレゼントいたします。

ムーンステークのウォレットは、他のウォレットとは一味違います!2,000以上のコインを一元保管でき、7つのメジャー暗号通貨のステーキングに対応した究極のウォレットです!取引所などの第三者に預ける必要もなく、セキュリティも非常に高いです。

今後、DeFiに繋がる最先端ウォレットに乗り換えるのに、いまが絶好のタイミング!ぜひ、この機会に、Moonstakeウォレットを使い、キャンペーンに参加してください!

なお、参加はTwitterユーザーでなくても可能だ。これからさらに注目が集まることが予想される「ステーキング」。

この機会に是非、MoonStakeウォレットへ乗り換えてみてはいかがだろうか。

■ キャンペーン詳細ページ:https://bit.ly/3jEJsdJ

編集者:Ayako