オーストリアのエネルギーグループがブロックチェーンのテストを実施

オーストリア最大のエネルギー供給企業であるWien Energieは、間もなく導入される予定のサービスを展開するために、ブロックチェーンの使用範囲をテストしている。

Wien Energieのチーフ・イノベーション・オフィサーであるAstrid Schober氏は、「ウィーンにてブロックチェーンをベースとしたサービスをテストしており、十分な経験をつめば、ビジネスモデルを構築して市場に投入していく」と語った。

これらの製品には、テクノロジーを介して接続された電気自動車の充電スタンドや土地登録や電源などのサービスが含まれるようになるかもしれない。

Wien Energieは以前、商品取引でもブロックチェーン技術を試しており、Schober氏は、この技術においては他社に追い抜かれたくないと語っている。

同社は、新しい取引プラットフォームを実験的に試みているヨーロッパのユーティリティプロバイダーの協会であるEnerchainの一員であり、エネルギー業界はブロックチェーン技術の利活用に強い関心を示している。

例えば、1月下旬には米国エネルギー省が、ブロックチェーンのスタートアップ企業BlockCypherとのパートナーシップを結び、P2Pのエネルギー取引を調査することを発表した。
同様に、Shell、BPなども昨年、ブロックチェーンの取引プラットフォームを支持することを決定している。