台北市がIDカードでIOTAブロックチェーンを試す

台湾の首都である台北はIOTA財団と協力して、市民識別へのブロックチェーン技術導入に取り組む。

台北は、IOTAのタングルを用いてIDサービスをいくつかのプロジェクトに使用すると情報技術部のWei-bin Lee局長は述べているが、デジタル市民カードのプロジェクト以外のことについては詳細を述べなかった。

プラットフォームとして使用できるデジタル市民カードに関連するアプリケーションから始め、地方自治体や公共施設間での医療記録などのデータ交換の認証および完全性チェックを強化しようとしているようである。

スマートシティを目指す台北

台北はスマートシティになるという目標を持っており、この都市は他の利用可能な技術とも連携していくことになるかもしれない。

台北はIOTAのブロックチェーンをテストしているが、この都市ではまだどのような種類の暗号通貨も利用していないとLee氏は語る。

今後のプロジェクトの詳細はまだ議論されていないが、IOTAは将来のプロジェクトを促進するために台北に事務所を設置するように招待されている、とLee氏は述べた。

現時点では、情報技術部、地元のスタートアップBiiLabsおよびIOTA財団は特別チームを結成し、構想を確立するためのプロジェクトの提案について引き続き議論する予定である。

 

Photo by Remi Yuan on Unsplash