ボッシュ、IOTAへの投資とブロックチェーン計画の概要

ベンチャーキャピタルのRobert BoschがIOTAへ投資する。同社はまた、ネットワークの諮問委員会にも加わっている。

データを掘り下げる

BOSCHはデータ販売は未来的であり、IOTAと自動運転車はマイクロペイメントと情報を収集するための素晴らしい方法だと考えている。

台北だけでなく、韓国もIOTAを使用し都市をアプリ駆動のスマートシティに変えようとしている。

IOTAのデータ・マーケットは2015年から創られている。同時期にIBMは、データにアクセスすること理由に、Weather Companyを20億ドルで買収した。それほど、データには価値があるということである。

IOTAの自動車業界での野望

電気自動車の充電と駐車に関連する、ワイヤレスで無償のマイクロペイメントはすでに行われており、IOTAはすでに100億ドル相当の取引を処理している。

データの価値と取引が量的に増え続ける中で、IOTAの価値は市場で引き続き拡大していくと考えられる。

IOTAの未来

世界で最も価値のある5つの上場企業すべてが、データを最も価値のあるものとして利用している。これらの企業には、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft、Alphabet(Googleの親会社)が含まれる。

IoTの業界は、1年に約28.5%の割合で成長しており、ボストン・コンサルティング・グループは、この業界の規模が2020年までに2670億ドルに相当すると予測する。

IOTAのタングルの技術により、自動運転者が高速道路を走り、燃料を節約し、今までより安全でより速く移動できるようになるかもしれない。実際のアプリケーションでは、BoschとIOTAの長期的なパートナーシップ、そして膨大な量のデータによりこれが可能になるかもしれない。

Robert BoschとIOTAは、IOTAトークンの長期的な価値を証明するだろう。

 

Photo by ARTHUR YAO on Unsplash