日本SBI、Huobiとの暗号通貨取引におけるパートナーシップを解消

SBIホールディングスは、中国の暗号通貨取引所Huobi Groupとの提携を解除した。

金曜日に発表された内容によると、SBIホールディングスは国内における暗号通貨取引の開始にあたり、2017年12月に合意したHuobiとの資本およびビジネスの連携を停止することに決めたと発表した。

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は、日本の金融庁(FSA)により2017年9月に事業登録が完了しており、。Huobi、今月から取引プラットフォームが動き始めると示唆していた。

しかし、SBIホールディングスは最新の発表で、Huobiの技術、ノウハウ、人材を使用するという計画をやめ、自社で取り組むことに決めたと発表した。

SBIホールディングスは、その理由として、より高いレベルのセキュリティを組み込み、国内外の規制に迅速に対応できるシステムが必要であることを挙げた。

この決定は、1月コインチェックでのハッキング事件により、金融庁がセキュリティ対策に関する日本の取引所の精査を強化をしていることが関係している可能性がある。

 

Photo by Janis Rozenfelds on Unsplash