グーグルが6月にICOや暗号通貨に関する広告を禁止

検索エンジン大手のグーグルは、今年6月に金融商品に関するポリシーを変更すると発表した。

同社は今年6月に既存の金融商品制限リストを変更し、ブラックリストとする広告コンテンツとして、ICO、暗号通貨取引、暗号通貨のウォレットに関連する項目を追加する予定である。現在のところ、これらに関連する広告に対しては制限を設けていない。

この制限は、Google独自の広告プラットフォームと提携広告プラットフォームの両方に適用される。

Facebookも同様の広告を禁止する

ソーシャルメディアの大手フェイスブックは1ヶ月前に、投資家に悪影響を与えるかもしれない暗号通貨関連のプロモーションを防ぐために、ビットコインとICOに関連する広告を禁止する、同様のポリシーを施行すると発表した。

グーグルは、その禁止理由を詳しくは説明していない。

米国規制当局が州と連邦レベルで、政府の見解では疑わしいとされるICOの摘発をしようとしており、暗号通貨プロジェクトの精査を行なっている。

世界最大のインターネット、広告プラットフォームの2つであるグーグルとフェイスブックによる最新の動きは、アメリカ政府による規制の検討のタイミングと重なるものである。

 

Photo by Edho Pratama on Unsplash